繊維について

作業服の素材特性”長所と短所”

繊維には大きく「天然素材(植物繊維・動物繊維)綿」と「化学繊維(再生繊維・半合成繊維・合成繊維・無機繊維)シルク」に分けられます。

 

綿

長所:肌触りが良く涼しい。吸収性に富み、熱に強く丈夫。染色性や発色性に優れている。

短所:洗濯で縮みやすく、しわになりやすい。長時間、日光に当たると黄変しやすい。(※肌着などに多い)

羊毛

長所:保温効果が高く伸縮性に優れ、弾力性がある。水を弾きやすく、湿気をよく吸収する。シワになりにくく、型くずれしにくい。

短所:虫がつき易く、毛玉が出来やすい。縮み易い。フエルト状になる。

ポリエステル

長所:シワになりにくい。型崩れしにくい。非常に強く、丈夫である。乾きが早い。

短所:吸湿性がなく、静電気を帯びやすい。日光に弱く、火に弱い、汚れると落ちにくい。

ポリウレタン

長所:別名→スパンデックス。伸縮性が大きく、強くて軽くて丈夫。良く染まる。

短所:摩擦に弱く、塩素系漂白剤に弱い。

株式会社にしみでは、多種多様な現場の状況・企業のイメージに合わせて、さまざまな種類の作業服をご提案させていただいております。