フルハーネスオンラインセミナー

法令改正により、2022年1月2日完全施行

弊社でも取り扱っているスリーエムジャパン株式会社様のフルハーネスのオンラインセミナーに参加しました。

今まで高所作業をする作業者は墜落防止器具として安全帯が使われてきましたが、2019年2月1日より、【6.75m以上(建設業は5m以上)】の高所現場ではフルハーネスの着用が義務付けられました。

現行の構造規格に基づく安全帯(胴ベルト型・フルハーネス型)を使用できるのは、2022(令和3)年1月1日までとなります。

完全移行間近に伴い、資料を基にご紹介していきます。

 

フルハーネス型安全帯とは

身体全体を支える(肩・胸・腿)複数のベルトにランヤード(命綱)がついている安全帯のことをいいます。複数ベルトがついているため長時間の作業でも身体への負荷が少なくなります。

また、墜落時の身体へかかる衝撃が一点に集中する普通の安全帯に対し、フルハーネス安全帯は複数ベルトがついているため衝撃が分散緩和されます。

 

代表的なフルハーネス(X型・Y型)

2021年需要のピークが予想されております。早めの準備をお勧めします。